1. データ連携とは

    各システムごとに保管されている様々なデータ
    システムや環境にとらわれずに共有・活用すること

    従来のデータ登録、活用イメージ

    「従来のデータ登録、活用イメージ」の画像

    それぞれのシステムに同じデータを入力している

    A部署のシステム

    B部署のシステム

    C部署のシステム

    各システムにはデータが正常に登録されているが、システム同士は繋がっておらず単独で運用されているため『データの孤立化』が起きてしまう。

    データの孤立化が起こると、複数のシステムに対して同じ、もしくは類似したデータを登録しなければいけないなど、入力の手間と入力時のミスが起き易くなるなどの問題が生じる。

    それにより、作業者の負担や業務効率の悪化といった原因となる。

    矢印の画像

    データ連携後のデータ登録活用イメージ

    データ入力の画像

    1つのシステムにデータを登録するのみ

    A部署のシステム

    B部署のシステム

    C部署のシステム

    データ連携パッケージ

    データ連携によって、登録したデータがそれぞれのシステムで利用できる

    データ連携が可能になる事で『データの孤立化』から脱却出来る。そして散在しているデータの共有・有効活用が可能となる。

    一度登録したデータは他のシステムでも利用する事が出来る。また、データ連携時に対象となるデータを加工したり書き換えたりする事も出来るため、再入力に掛かる負担やミスを解消する事が可能となる。

    ビジネスの目的に合わせたデータ連携を行う事で得られる価値は他にも期待出来る。例えば、スピーディーかつタイムリーな現状分析など

    データ連携は問題を解決し、普段の業務を効率化する手段です

  2. データ連携のメリット

    「孤立したデータの活用」の画像

    孤立したデータの活用

    データの孤立化のにより部署やシステムごとに孤立しているデータを有効に活用出来るようになる。

    例えば、複数のシステムに散在している商品データや取引データを連携することにより、1つのシステムが自動で運用出来るようになる。

    「情報管理コストの削減」の画像

    情報管理コストの削減

    複数のシステムで活用されているデータを1つのシステムで管理する事が出来る。
    それにより、管理コストを削減して、かつ品質も向上させる事が可能になる。

    「情報の見える化」の画像

    情報の見える化

    分散しているデータを統合する事で『どこにどんなデータが存在しているのか』というデータ状況を把握する事が可能になる。
    それにより、経営・営業などの分析や、今後のシステム開発における再利用が可能になる。

  3. お問い合わせはこちら

    会社名

    担当者氏名

    電話番号

    メールアドレス

    備考

ページ上部に移動